補助金制度を記載します

住之江区で太陽光発電しても、大阪府や市からの補助金は出てません。
その代わり国からの補助金と、余剰電力の買取制度が活用出来るんです。
これはしかし、発電容量で金額が変わりますから、容量毎の計算をしなければなりません。
そこで、一般的な4kWのシステムで計算した金額を、以下に書いておきます。
参考にして下さい。
1kWあたり3万円では国からの補助金は、120.000円です。
これは、1kWあたりのシステム価格が、55万円以下になってます。
そして、1kWあたり3.5万円の場合なら、140.000円です。
システム価格は1kWあたりで、47.5万円以下になってますから、この基準へ合わせなければなりません。
国からの補助金は、補助対象経費を太陽電池モジュールの公称最大出力の、合計値で割ったものとなります。
その金額が、1kWあたりのシステム価格となるので、間違えずに計算して下さい。
また、10年間の余剰電力買取制度を遣う事で、太陽光発電を導入する各家庭は、黒字転換が見込めます。

Comments are closed.