設置した場合の 補助金制度です

太陽光発電設備を設置しても、大阪府や箕面市からは現在補助金が出ません。
その代わりに、国からの補助が受けられます。
では、国から受けられる補助金制度を説明します。
これは、1kWあたりのシステム価格が、補助対象経費を太陽電池モジュールの公称最大出力の、合計値で割ったものとなります。
そして、モジュールの最大出力合計値の上限が、9.99kWとなるんです。
太陽光発電 は、設置する発電容量で補助金の額が変わります。
ですから、どれくらいの発電容量を選べば良いか、判らない人も居られるでしょう。
ここでは、標準の3.5kWで説明します。
標準で計算した場合、1kWあたり550.000円以下のシステムならば、3.5kWでは30.000円を乗じて、105.000円となるんです。
1kWあたりのシステム価格が475.000円以下の物であれば、標準容量に35.000円を乗じて、122.500円となります。
また、補助金を受けるには、申請期間を守らなければなりません。
この期間は、2012年4月19日~2013年3月29日までとなってます。
尚、補助金制度は先着順となる場合が多いので、自治体などへ直に問い合わせた方が良いでしょう。

Comments are closed.