気になる太陽光発電の値段

話題の太陽光発電システムを導入したいって思っていても、なかなか踏み出せない人が多いようです。
主な理由の一つに値段があるんじゃないでしょうか。
自分の家の屋根に太陽光発電モジュールを取り付けて、家の中で使えるようにいろいろな機械を使うわけですが、それだけのことをするわけだから、決して安くはないって思っているのでしょう。
確かに、安いとは言えませんが、だんだんと太陽光発電システムの価格自体が下がってきているのは事実です。
もちろん、安い買い物とは言えませんが、それでも、数年前と比べてみたらかなりリーズナブルになってきたといってもいいでしょう。
需要が高いということもあるでしょうし、いろいろなメーカーが参入したことで、太陽光発電業界の競争が激化しているということが安くなってきた原因です。
そして、技術力が向上したということも価格を抑える要因の一つになっています。
では、実際に、どれくらいの値段なのか、気になるでしょう。
国内メーカーだけではなく、海外メーカーも参入しています。
想像できているとは思いますが、海外メーカーのほうが安いんです。
2,3割くらい安いといわれています。
そして、海外メーカーのほうが保証期間が長いという特徴もあるようです。
品質が問題だって思われるかもしれませんが、海外メーカーもそれなりの品質で、低価格に抑えられています。
各メーカーの値段を見てみると、太陽光発電システム1kwあたり30万円前後というのが主流のようです。
補助金の金額を差し引いてそれくらいと頭に入れておくといいかもしれません。
だいたい、これくらいが相場だとすると、30万円よりも安ければ、かなり低価格に抑えられているといってもいいでしょう。
太陽光発電の値段を比較しているサイトもたくさんありますから、ぜひ、参考にしてみてください。
値段だけで選ぶことはないとは思いますが、やはり、値段は大事なポイントの一つですから、よく調べておいたほうがいいでしょう。

Comments are closed.