大阪の平野区で太陽光発電を導入すること

一昨年前に発生した東日本大震災を原因として起こった福島原子力発電事故を契機として、太陽光発電が日本全体で注目を集めています。
これまでは発電にかかるコスト軽減のみを重視した、効率性のみを追求してきましたが、原子力事故の危険性を改めて認識したというところです。
クリーンで安全性の高い発電設備に、水力発電や風力発電、地熱発電が挙げられますが、これらは規模の大きなもので、すぐに導入と言うわけにはいきません。
その点、太陽光発電は、個人の自宅でも始められる小規模な設備対応ができる点が魅力で、裾野の広い普及が可能です。
そのため、オール家電などという言葉がはやるように、自宅のエネルギー源をすべて電力でまかない、しかもその発電元を自宅で確保するという傾向が強くなっています。
新築の注文住宅を購入する際には、オプションとして選択肢に入っていることが多くなっています。
しかし、小規模といえども個人レベルではかなり負担が大きくなってしまうのが現状です。
通常の電力利用と比較すると毎月の出費は少なくなるので、長い間利用することで初期投資費用を回収することはできますが、それでも最初の出費は相当なものです。
大阪の平野区では、太陽光発電導入に対して区からの助成金を受けることができます。
細かな規定があるので、その規定をクリアしないといけませんが、少しでも負担を減らすためにぜひ利用したい制度です。
購入する際に安心して相談できる業者を利用して、もらえる補助金はもれなくもらいたいところです。

Comments are closed.