遊休地の活用に悩む行政マンへ。大阪の住之江区南港に太陽光発電のヒントあり!

全国でメガソーラー発電の立地が進んでいる。
現在、国からの補助があり、20年間は買い取り価格が高く、上手くいけば初期投資を10年内で回収することも可能である。
そのため、民間企業も積極的にソーラー発電事業に参入しているが、回収を早めるには大規模施設が適しており、十分な用地が必要になる。
大規模施設を作れるとしたら、山間部や遊休田畑など田舎でしか活用できない印象があるが、実は都市部でもメガソーラー施設の誘致が始まっている。
私の住んでいる大阪市内でも、現在、海岸地域で誘致が始まっている。
例えば、大阪市住之江区の南港に大阪市がメガソーラー施設の誘致を行っている。
南港は埋め立て地であるが、なかなか土地が埋まらず、いまでも遊休地がたくさんあり、その土地をどう活用できるのかが、行政課題であった。
今回、遊休地をメガソーラー施設誘致に動くのは大正解と思う。
太陽光発電により、電力不足の解消ができる。
さらに、遊休地の貸借により、大阪市の財政を潤すことも可能である。
土地活用に悩んでいる行政の方々は、是非、メガソーラー施設の誘致を目指してみて下さい。
きっと、住民から評価されると思いますよ。

Comments are closed.