箕面市の太陽光発電

最近では、全国的に太陽光発電の導入が進められています。
太陽光発電とは、太陽の発する熱エネルギーをソーラーパネルに集めて、それを電力に変えるシステムです。
この太陽光発電の導入について、補助金を与えるなどして導入を推進している自治体も多いです。
全国的に導入が進められている背景には、太陽光発電は二酸化炭素を発生させない発電方法であるため、地球温暖化防止に役立つことと、原子力発電所の停止に伴う節電の要請に適うものであることが挙げられます。
箕面市の個人宅や企業においても、その建物の屋上や敷地にソーラーパネルを設置して、太陽光発電を行うところが増えてきています。
この理由として、太陽光発電は、昼間に発生させた電力を蓄えておくことで、夜間に使用できるため電気代の節約になります。
また、停電時に使用することができることも利点として挙げられます。
さらに余った電力は、電力会社へ売却することができるので、収入源にもなりえます。
これらの理由から、箕面市の各個人や企業も太陽光発電を導入しているといえます。

Comments are closed.